Why Anytime Fitness
なぜエニタイムフィットネスなのか?

Because we don’t just want to help you build a great business, we want to help you build a great life.
ただあなたがビジネスで成功するだけでなく、
地域に貢献し、素晴らしい人生を築くお手伝いをしたいのです。

エニタイムフィットネスという生き方

最小限の人件費で、
最大限の満足度を。

人件費を最小限に抑え、安全性および会員の満足度を最大限にする。

エニタイムのビジネスモデルにおいて最も重要な要素の一つです。

これを実現するために、請求システムとセキュリティシステムを統合化しました。

この画期的な統合システムは、会員のクラブ利用動向を把握し、同時に会員以外の入館を防止。

更に使用状況なども把握し、常に監視システム/警報装置の制御を行います。と同時にスタッフ不在でも、円滑かつ安全性の高いクラブ運営を可能としたのです。

その結果、エニタイムの人件費は運営費全体の僅か20%に抑えられました。一般的なフィットネスクラブでは約45%ですから、その差は歴然です。

エニタイムのFCオーナーは、クラブに寝泊まりする必要はありません。

バランスのとれたライフスタイルを目標にする必要もありません。

エニタイムのビジネスプランは、最初からあなたのライフスタイルを尊重しているからです。

余計な物や機能が、
余計な問題を生む。

エニタイムのFCオーナーは、クラブを運営する上で、プールの汚れやサウナの悪臭など多くのフィットネスクラブが抱える、日々のクレームに思い悩む必要はありません。

永きにわたってフィットネス業界に携わってきた経験から「会員がフィットネスクラブに何を求めているのか?」それを真剣に考え、余計な物や機能をそぎ落とし、フィットネスクラブの本質的価値を追求しました。

その結果、ビジネスを危険にさらす可能性のある過剰なサービスを除外することになりました。

余計な物や機能/サービスは、余計な問題しか生み出さないからです。

しかも初期投資が高くなり、結果として月々の会費を高くするしかなくなるというのに、多くのクラブが余計な物や機能を、いまだ捨てきれず、大事にしていることがわたしたちには不思議でなりません。

クラブ経営=地域貢献
自分の幸福=他者の幸福

他人のために何か良いことをしていると実感できる時、人は自分に満足し幸福感に包まれます。エニタイムのクラブオーナーも同じです。

クラブ経営によって、近隣に住む人々の人生をより健康的にするサポートをします。

「エニタイムのおかげで私の生活は大きく変わりました。入会前は健康上の問題を抱えていましたが、今では私の生活の質は健康的になりました」

エニタイムの会員から、このようなコメントをもらうことは少なくありません。

ストレス/メタボリック/成人病/慢性的な運動不足など…残念ながら日本における健康問題は深刻さを増しています。

これからの日本人に必要なものは、生活リズムにあった便利で、手頃な価格のフィットネスクラブです。

エニタイムはまさに、現代人が必要としている理想のクラブなのです。

しかも、自分たちの経済成長のために、誰かを虐げることもありません。

エニタイムに関わる人々が、胸を張って誇れることのひとつです。

健康市場の成長が
近隣の健康を増進。

モノ不足を解消するための成長型社会は終焉を迎え、社会問題を解決するための成熟型社会が始まりました。

ココロとカラダを健康に保つことへの需要は益々高まると予想されます。

そんな時代の後押しを受け、エニタイムのFCオーナーの大半が複数のクラブを所有しています。

抜群の投資回収率と安定性により、4~5店舗またはそれ以上の店舗を運営するオーナーも少なくありません。

エニタイムのビジネスフィロソフィーをしっかり理解し、FC本部のアドバイスを取り入れていけば、複数のクラブを経営し大きくビジネスを展開することも可能です。

また数字では表すことのできない恩恵もあります。多くのフランチャイズ・ビジネスと異なり、仕事に忙殺されることなく友人/家族とも貴重な時間を過ごすことができます。

そして何より、ビジネスを通して近隣のより良い環境作りに貢献出来ることは、大きな満足感をもたらしてくれるはずです。

Join the movement. Make a difference.

Our family-like culture and proven support systems will always be there to spot you.
さあ、エニタイムに参加して、人生に違いを生み出しましょう。
私たちの家族のような文化やサポートシステムは、いつでもあなたのそばにいます。

 

Training. Support. Family.